+ MENU +

MV規格
VX ~ ACE規格



Actor's 楽屋裏

第1回


Actor's 楽屋裏へようこそ!

  ここは某素材ページにあるActor達の楽屋裏の
  わりとどうでもいいダベりページです!

「と、いうことで 皆さん はじめまして!

 ここの司会役 兼 案内役 兼 マスコット 兼 正ヒロイン の

 わたくしエトラと・・・

「…エリクです…

 「どうしたのー?
  恥ずかしがってるのカナー?!

  もっと大きな声で言わないとダメだぞー

  「エリク☆で~す」とかね!

嫌だよ!!!

  僕はそんなキャラじゃないよ!! 勝手にキャラ作らないでくれよ!
  だいたいなんで僕がこんなところに駆り出されなきゃいけないんだよ!
  ☆をつけるな ☆を!

「なによう、喋り始めたと思ったら
  うるっさいわねー

  てゆーかアンタ、イメージとか作ってるつもりなの?

「ああそうだよ 悪いか!

 ・・・ああぁ・・・今まで築いてきた 僕の学院内での
 クールなイメージが・・・
 

「あー、もう
 最初から3枚目キャラなんだから
  無理するのやめたらどう?

「だからそうやって 勝手に人のキャラ作らないでくれって
 言ってるだろ!!

 僕のイメージが初回で固まっちゃったら
 姉さんのせいだからな!?

 だいたい姉さんだって、自分のイメージぐらい多少なりとも作ってるだろう?

「えー そんなことないわよー?

  私は学院内では
  "清楚で可憐で聡明な魔法美少女"
 通ってるわよ!

「すっっごい盛ってるよね、そのイメージ・・・

 嗚呼、姉さんの真の姿を知ったら
 どれほどの男子が嘆き悲しむのか・・・

「失礼ねえ。
 
  ちょっとだけ表と裏を使い分けてるだけじゃないのよー

それが問題なんだろーが!!












「・・・ごめん・・・ 激しく脱線した。

 自己紹介からやり直させてもらうよ。

「僕はエリク。 ActorのNoで言うところの69番だ。

 一応デフォルト(?)の設定では珍しく名前がついてるらしいんで
 今回、このコーナーに抜擢されたらしいんだ。

「あら、ちゃんと解説役こなしてるじゃない。
 えらいえらい。

本来アンタの役目だろうが!!

 …ホラ、姉さんもちゃんと自己紹介してよ。

「皆様お初お目にかかります・・・
 わたくし、エトラと申します。

 エリクとは男女の双子なんですのよ。
 一応わたくしのほうが姉ということになっておりまして・・・

「いやいや、今更イメージ作っても遅いから。

「あっそう・・・ ふんだ。
 まあいいわ。 どうせ楽屋裏だし、見てる人も少ないだろうし

「いきなりコレだよ・・・

 まぁ、そういうわけで 僕ら外見は似てるけど
 このとおり性格は全く違うので、間違えないようにして下さい。

「ああ、それと、
 私達、天才なの。 わかる? 天才。

 エリムスベルク魔法学院の創立以来の天才らしいわ!
 すごいでしょう?!

「まぁ、姉さんが(魔術の)天才なのはわかってるけど・・・

 姉さんの場合どちかというと天災な気もするんだけど・・・

「なんかいった?

「・・・何も












「で、結局、
 このコーナーって何なの?

「アンタが最初に説明したろ!

「・・・まぁ、あまり重要なことは説明はしてないけど、
  要するに、色んなActorのダベり場、ってところじゃないのかな。

「へえ、じゃあ私達以外もここで喋る機会があるのかしら?

「そうなんじゃないかな?

 ただ、あまり喋りすぎるとイメージが固まっちゃう恐れがあるから
 オマケ程度にしか出演(で)ないらしい、とは聞いたけど・・・。

「聞いた? 誰に?

「い、いや・・・ それは僕の口からは・・・
 やんごとなきお方というか・・・
 
 と、とにかく僕の口からは

「呼んだか?

ちょっとちょっと!!

 必死になって隠そうとしてたのに
 レアリティもクソもない登場の仕方しないで
下さいよ!!

「いやぁ、すまんすまん。
 ここのところ更新もままならなくてな・・・

 なんかふと 出演(で)てみたくなることってあるじゃん?

出ないで下さい。

「・・・・・・・・・・・・・・・・。

っぐわ!……くそ!……また暴れだしやがった……
 奴等がまた近づいて来たみたいだな……

 機関に拘束される前に俺は消えるぜ!
 じゃあな!!













酷い中二病ねー

「と、とにかく!

 僕らはここで「どうでもいい会話をする」のが仕事なんだから
 そうするしかないんじゃないかな。

「ラジオ番組みたいなものかしら?

「そんな感じかな・・・

 まぁ、さる御方曰く、
 「そういう気分の時に更新する」らしいけど。

「というわけで、これで初回は終了ね!

 今回収録で、私の人気もうなぎのぼりする感じね!!

「い、いやー それはどうかな・・・

 ま、まぁとにかく
 今後とも不定期ですが このコーナーもよろしくお願いします。

素材TOP