HOME > SUB MENU
――――――――――――――――――――――――――
●玄武の章   ●青龍の章   ●白虎の章   ●朱雀の章



魔界塔士SaGa






朱雀の章 第4幕







前回までのあらすじ



朱雀のバリアを無効化する装置を作るため、
アキバやアメヨコでパーツを入手する主人公達。

そして材料も着々と揃ってゆき、
最後の材料であるプルトニウムを取りに行くべく、原発へ。

しかしこの先の原発へは強行軍。
プルトニウムの放射能の恐怖で逃亡するつもりで
族達に内緒で行こうとする主人公達だったが、
「おいてくつもりか? いっしょにいくぜ! 」
という族達の熱い友情パワーを見せつけられ、
いやいや行くことになったのであった。









原発へは地下通路からいけるようなので 族達の案内のもと、原発を目指す。



【原発までの道】











総長達の案内により、スムーズに進んで
いい感じ。















そうちょう「いいか いっきに
とびこえるんだ!






あいかわらず無茶なことを要求するものである・・・。
この距離をバイクで飛べというのか・・・

まぁ生身でジャンプで越えろっていわれるのも困るけど。
















なんとか決死のダイブで越えた。




















そしてその先の別れ道にて。
はるきく「ここからは おれたちだけ
のほうがいい

そうちょう「あしでまといには
なりたくねえな。 よし ここで
まってるぜ!










このへんの物分りの良さはさすがである。
族長ともなると、根性以上に相手の力量を測る力が必要なのだ。
これ以上は主人公達の足手まといになると判断したのだった。




















とうとう原発に乗り込んだ。











そして進んでいくと 謎の敵が!?






















VS イーブルアイ


中ボス戦。


「はかいこうせん」は かなり痛いが、
ここまで来たパーティなら問題なく倒せるだろう。
しかし、このへんまで来るとさすがに敵の防御が高くなっているのが
明らかにわかる。

エスパーとかはあんまり関係ないんだけど、
力系の装備できていると、敵の防御力が上がっているな、というのがわかる。





















そして原発最深部。







・・・って、

そうちょう「やっと おいついたぜ



































・・・???
























ちょっとまて。
































アンタさっき












はるきく「ここからは おれたちだけ
のほうがいい

そうちょう「あしでまといには
なりたくねえな。 よし ここで
まってるぜ!



















って言った ばっかだろうが!!






















・・・自分の言ったことをなかったことにする・・・

さすがだぜ族長!!




























わかったから おとなしく待ってろ!!!


















というわけでそんなジコチューな総長はさておき、
原発最深部へとせまるが・・・




ろき「くそっ さつじんバリアが 
はられてるぞ!

あきは「スイッチは
あのおくだ

















どうやら「殺人バリア」などという

とても物騒なバリアが張られているらしい。



えらくけったいな原子力発電所である。
















そうちょう「おれにまかせろ


はるきく「そうちょう!










ゲェェ!! 総長何を!?







なんと総長は




































殺人バリアの中に強引に入っていった!!















・・・















バリアは総長を痛めつけ、そして消えた・・・







しかし・・・















「しっかりしろ!

そうちょう「へっ どうだ
これが おとこだぜ!

はるきく「まったく おおばかやろうだ
あんたは!


そうちょう「このはちまきを‥‥
いもうとを たのむ‥ぜ
















総長・・・ ううっ






















総長ォォォォォーーーー!!!


アンタ、漢(おとこ)の中の漢だぜ!!























・・・でも待ってろっていったのに来るわ、
殺人バリアの消去法も、なにか他に方法があったんじゃないかと思うのは
俺の気のせいだろうか?






・・・漢道は奥が深いのですね!



























総長の犠牲の末、最深部にたどり着いた主人公達。











そしてこれがプルトニウム・・・













はるきく「よし これを くみこんで‥
すざくよう バリアしょうきょそうち
イレイサ−99の かんせいだ!


コ−ション! コ−ション!
シンニュウシャ アリ!
シンニュウシャ アリ!
マッサツセヨ!
マッサツセヨ!!






















警報!?







こ、こいつは・・・ 対侵入者用のロボット、































デスマシーン!!















VS デスマシーン










デスマシーン。
こいつはハッキリいって強い。

攻撃方法多彩なうえに威力も高く、
むしろ今までの四天王より強いのではないかという気すらしてくる。
いや実際強い。

能力を見ても、



たいあたり    3
はかいこうせん 10
さつじんビーム 10
ビームライフル 30
バルカンほう   20
ミサイル      5
かくばくだん  −
○へんか    −




と本当に多彩だ。
さつじんビームやバルカンほう、ミサイルは脅威だ。

とくに戦いが長引き、終盤あたりになると使ってくる

かくばくだん(核爆弾)だが、これが










SaGa内で最強魔法とされる

フレアよりさらに強いという


恐怖の爆弾である。


これが来ると全員400前後のダメージを受けてアボン。



幸い、デスマシーンのHPは1000しかないので
短期決戦で挑めば勝機は十分見える。
「かくばくだん」を使う前に仕留めろ!






















という、筆者は2度ほど「かくばくだん」で死にましたが(苦笑
エスパーの炎や冷気でちまちまと倒しましたヨ。

力のあるキャラクターのドラゴンソードで
攻撃とかしてれば、わりと楽に倒せるかも。
まぁチェーンソーで一撃だけどさ。
































デスマシーンを倒した主人公達は、

対朱雀用決戦兵器「イレイサー99」を手に入れ、

(プルトニウムの放射能は大丈夫だったのかは謎だが)

朱雀の元へ向かうため、一度ゾクの街へ・・・



























ろき「しんでるぜ












ま、街が全滅している・・・!!?

















こ、これはいっタイ・・・





















酒場へ行ってみると、



















はるきく「しっかりしろ!

ゾク「‥‥さやかさんが
シンジュクの ビルに‥‥













さ、さやかさんっ!!
いまいくよ!(笑





















しかし今度はシンジュク(新宿)かよ(笑

























【シンジュク】



























シンジュクの廃墟ビルに入り、
地下へ行くとそこには
電車らしきモノが。



独特の世界だー なんかいいなこういう雰囲気もw
























乗ってる客に話すと、
あきは「おい すざくはどこだ!

じょうきゃく「ひだりだよ










・・・なぜ乗客がいるのかが不思議でたまらないのだが、
この際 考えないで朱雀のことを第一に考えよう・・・

左らしいので左へ左へと進む。


























左へ行くと さやかさんが!
はるきく「さあ そのこを
かえしてもらおうか!



てんがろ「くそ どこへいきやがった!

ろき「うえだ!


















上に行くと朱雀がいた!!







すざく「ここならば にげられまい!
おまえたちに いんどうを
わたしてやる!

てんがろ「よし あれを つかうんだ!










さやか「はるきくさん にげて!! 










すざく「どうした? かかってこい!


あきは「ばかめ! おまえの
バリアは やくに たたないんだ!










イレイサー99を使い、朱雀との最終戦だ!



VS すざく



























さて、無敵の朱雀はどうなったのかというと・・・。















































弱ッ!!!



実に3ターン^^;

















いやいやいやいや・・・






いくらバリアに頼っていたからとはいえ・・・


弱すぎだ!!






ぶっちゃけデスマシーンのほうが朱雀より圧倒的に強かった気がする。
いや、実際強かった。





四天王といってるわりにはどの階の四天王もあまり強くない・・・
いいのかそれで四天王!?































とりあえず、イレイサー99の力でバリアを無効化し、
見事に勝利をおさめた主人公達。


今は亡き、総長を思い、


はるきく「やったぜ そうちょう!!

さやか「はるきくさん すご−い!

































その後・・・・

































さやか「いろいろありがとう!
にいさんも きっと‥‥
あっ そうだ!
これ あのとき ひろったの

ろき「ク クリスタル!

4つめの クリスタル を てにいれた








だいじょうぶ! だって わたし
2だいめ そうちょうだもん!!




























そんなわけで、

4つめのクリスタルのゲット!










これでさらに上の階を目指せる!





















ろき「とびらが ひらくぞ!




















-------------------------------------------------
16階 総評
-------------------------------------------------
この階も熱い階でした。
なんといっても、この階は世界観が面白い。

荒廃した未来の東京?を思わせる近未来的な世界観。
そこに力強く生きる人間達。
そして絶対無敵を誇った朱雀。


人間はひとりでは生きていけない。
小さな力しか持たない個人が、仲間を集め団結し、
より大きな力を発揮し、自分たちの運命を変えるー
それが主人公達とゾク達でした。

「協力」や「仲間」という言葉がよく合う世界でしょう。
-------------------------------------------------


















次回からは「阿修羅の章」をお送りいたします。




玄武の章 第1幕に行く
玄武の章 第2幕に行く
玄武の章 第3幕に行く
玄武の章 第4幕に行く

青龍の章 第1幕に行く
青龍の章 第2幕に行く
青龍の章 第3幕に行く
青龍の章 第4幕に行く

白虎の章 第1幕に行く
白虎の章 第2幕に行く
白虎の章 第3幕に行く
白虎の章 第4幕に行く

朱雀の章 第1幕に行く
朱雀の章 第2幕に行く
朱雀の章 第3幕に行く
朱雀の章 第4幕に行く

阿修羅の章 に行く

神の章 第1幕に行く
神の章 第2幕に行く