HOME > SUB MENU
――――――――――――――――――――――――――
●玄武の章   ●青龍の章   ●白虎の章   ●朱雀の章



魔界塔士SaGa






朱雀の章 第2幕







前回までのあらすじ



ついに16階についた主人公達。

しかし塔の外に出た途端、
四天王のひとり、朱雀(すざく)に襲われる。
しかも朱雀にはどんな攻撃も通じない。

途方に暮れる主人公達。
このまま逃げて回るしかできないのだろうか?!










歩き回ると高確率で朱雀に遭遇するので途方に暮れていると・・・どうだろう。

なんか怪しいトンネルを発見した。









入ってみると・・・
















なんだここは?












これは・・・ 線路??




















状況が掴めず、しどろもどろしてると

横から突然声が。












こっちよ!






















・・・・・・?









「こっち?」





なんだなんだ??












よくわからないが、他に行くあてもないのでついて行く。















こっちよ!














またか?














って、そこ線路ないじゃん!

飛び越えろというのかー・・・














罠じゃないだろうな・・・?





























勇気を出して飛んだら行けた。
どうやら地面の *コリジョンは存在するらしい。


 *コリジョン・・・ 当り判定だと思って下さい。
         つーかゲーム業界用語使うなよ!(笑)




















とりあえず頑張って追っていくと・・・









「キャ−!







ムッ!



この叫び声は 女の人の声 だな!!











助けねば!!(笑









はるきく「まていっ! 

























まていっ!












などと、3流な正義の役を演じる主人公。



























VS  ザコ









敵の名前は忘れた。脇役に名前なんかいらないだろ?




















そんなわけで襲われていた女性を助けた。










ありがとう
このさきに まちがあるわ
それじゃ

















てんがろ「あ ちょっと なまえだけで
も!
























さりげなく名前を聞こうとしているのがポイントだ。











しかし、このSaGaの主人公達、女に目がないのか、
女性が出てくるとやたらにカッコつける傾向がある。



10階では
-----------------------------------------
 「おい!てんがろ! ガルガルやろうと
  いいおんなとどっちがすきだ?」

 「きくまでも なかろうよ!!」
-----------------------------------------

とか。
16階もしかり。
節操のない連中だな(笑





女性のほうもさりげなく

「ありがとう
 このさきに まちがあるわ

 それじゃ

と、きっぱり割り切ってるのが泣ける





























トンネルを抜けると、
彼女の言葉どおり「街」があった。

朱雀も街の中までは襲ってこないだろうな??










朱雀の遭遇率は高いのだが、距離が短いため、
無事、街までたどり着くことができた。














【ゾクのまち】










【会話集】



このとしの ほくとうの すみに
   アメヨコという にぎやかな
まちがあるの。
でも すざくが こわくて いけない

アメヤ横丁のことなんだろうか・・・^^;






このとしの まんなかには
きょだいな げんしりょく
はつでんしょが あるんだ

原子力発電があるのかこの世界は!w






さかばは ゾクの たまりばだ。
いかないほうが いいよ

ほう






げんぱつの きたがわの ちかてつから
げすいどうへの ぬけみちがあるんだ






げんぱつの はいすいろは
げすいどうへ つうじているぜ






すざくは たてものや ちかまでは
おってこないぞ

よかった・・・^^;






てんがろ「キ−が ついてね−な

盗む気かよ!w






















そして、ゾク(族?)が溜まっているらしい酒場へ行ってみることに。

っていうかSaGaの主人公達は
酒場に行くと、ほぼ確実に問題を起こしてる気がするのは
俺の気のせいだろうか・・・。















ゾク「おい ここで のむんなら
あいさつぐらい したらどうだ!

「やめとけ!






そうちょう「おまえらの かなうあいて
じゃねえ!
あんた そうとう うでがたつな
おれと タイマンの しょうぶだ

はるきく「いやだ! といっても
だめなんだろうな

そうちょう「そういうことだ
さあ おもてへ でろ!






すっごいベタな展開!!

萌ゑる!!!













しかし、そこに仲裁に入る人物が!






「ばかなことは やめて にいさん

そうちょう「うるさい! おまえは
だまってろ

はるきく「きみは あのときの‥‥

さやか「あ− これって ぐうぜん
っていうの!
にいさん じつは‥‥






はるきく「‥‥というわけなんだ


そうちょう「そうか だいたい
のみこめたぜ。あんたたちも
すざくと たたかわなきゃならんのか


ぞく「すざくのバリアには
はがたたね−し‥‥

さやか「そう。でも そのバリアを
ちゅうわ してしまう そうちを
つくってるの!

そうちょう「あと 2つ3つのぶひんで
かんせいするんだが

はるきく「みつからないのか?


そうちょう「アキバと よばれていた
ところになら あるだろう

さやか「としょかんにいけば
アキバの ばしょが
わかるかもしれない!

ろき「よし そのぶひんは
おれたちが さがしにいこう!

そうちょう「まかせるぜ!
おもてのバイクを つかってくれ

























・・・会話になにやら怪しい名前が・・・

































アキバ?















アキバといったのか?



































よりによってアキバかよ!!
















  あき  は  ばら

秋葉原かよ?!
















カタカナだから微妙にわかんないけど
たぶん秋葉原=アキバの認識で正しいんだと思うが・・・

それにしてもアキバがSaGaで出てくるなんて・・・
いろんな意味でショックだッ
なんなんだこの階^^;



















そんなわけで、伝説のアキバに足りない部品を探すべく、
まずはアキバの場所を調べることからはじめることになった。

どうやら過去にあった、という場所のようなので、
図書館で調べないとわからないらしい。

どちらにせよ、外に出ないと始まらないというわけかー・・・
だけどバイクを貸してくれるらしいし、
スピードで吹っ切ればなんとか・・・?





としょかんは タワ−のきたにあるわ






アメヨコの いかがわしいみせに
アイシ−ボ−ドがうっているはずだ

い、いかがわしい店・・・?^−^
ICボード?  漢字とか英語とか使わないのでイマイチわからんw






バイクにのってれば すざくに
おそわれ にくいぜ

それは助かる;;














バイクを借り、図書館へ。















トンネルをうまく使い、図書館へ着いた。
トンネル内は通常の敵しか出ないので
LV上げなどはここで行えるようだ。

朱雀のバリアをやぶらないかぎりは・・・ あの強さのまま勝つことはできないからな。
見てろよ朱雀!!















かっこよくキメたところで続く(笑






玄武の章 第1幕に行く
玄武の章 第2幕に行く
玄武の章 第3幕に行く
玄武の章 第4幕に行く

青龍の章 第1幕に行く
青龍の章 第2幕に行く
青龍の章 第3幕に行く
青龍の章 第4幕に行く

白虎の章 第1幕に行く
白虎の章 第2幕に行く
白虎の章 第3幕に行く
白虎の章 第4幕に行く

朱雀の章 第1幕に行く
朱雀の章 第2幕に行く
朱雀の章 第3幕に行く
朱雀の章 第4幕に行く

阿修羅の章 に行く

神の章 第1幕に行く
神の章 第2幕に行く