HOME > SUB MENU
――――――――――――――――――――――――――
●玄武の章   ●青龍の章   ●白虎の章   ●朱雀の章  ●阿修羅の章  ●神の章



魔界塔士SaGa






朱雀の章 第1幕





とりあえず10階を制覇した。
短い階のわりには執筆に時間がかかったがorz、ようやく16階を目指せるわけである。
16階も熱い!堪能してほしい階である。








前回までのあらすじ



10階は「びゃっこ」(白虎)の支配する独裁国家。
白虎もまたクリスタルを狙っていたのだ。

主人公達は白虎の軍に偽りの入隊をし、内情を探るのだった。
そしてクリスタルの秘密を知るという、
シャルルの双子の娘、ジャンヌとミレイユの存在を知る。

そしてレジスタンスのアジトにいたジャンヌから
ミレイユが捕らえられているという話を聞き、
浮遊城へ。

ミレイユを助けだした主人公達、
しかし、そこには白虎が!?
なんとミレイユは姉を売って裏切ったのだった。
そしてついにクリスタルは白虎にわたってしまう。
用済みだと白虎はミレイユを殺そうとするが、
ジャンヌがミレイユをかばって重症を負ってしまう。

白虎はクリスタルによってパワーアップしていた!
だが主人公達の怒りの戦いにより白虎は倒された。

白虎とともにクリスタルも砕けてしまった。

あっけにとられる主人公達、
そのときクリスタルを作り出せる双子、ジャンヌとミレイユの
最後の力により、クリスタルは奇跡の復活をする。
しかしジャンヌは命を落としてしまうのだった。

クリスタルを手にいれた主人公達だが、
その足取りはどこか重かった…。







…あらすじ、なげえw







ろき「ふういんが とけるぞ!











【11階】


トクになし。






【12階】


雲の中に、エリクサーとブラッドソードがある。
エリクサーは特殊能力の使用回数も回復するので、1個あると便利かも。
エスパーとモンスターは特に。

























そして13階へと上る階段の途中に、







     ・ ・       

SaGa史上 最強の武器がある。























その武器は神をも恐れぬ武器であり、
















各種神器よりも強烈無比な破壊力を誇る
















その破壊力はゲームバランスをも破壊する・・・
































その名は・・・・・























































なぜか書体がポップなのは少しでも残虐性を薄れさせようとしているワケだが

血まみれのブツ出したあとに言っても説得力ない
























懸命な読者はご存知かもしれないが、
この武器こそ、SaGaシリーズで今もなお、
最強が語りつがれている伝説の武器なのである。



































エクスカリバーも、

マサムネも、

核爆弾も、

ガラスのつるぎも










































このチェーンソーの前では

子供だまし程度のものなのだ。











このチェーンソーは力の数値さえあれば、どんな敵でもバラバラにすることができる。








そう、ボスでも、だ。



















この武器のやばいところは、
敵をこれで倒すと 「〜はバラバラになった」 とか平気で出すところだ。































生々しすぎ。





















そもそも倫理的にこの表現はいいのだろうか・・・
いや昔のゲームはそんなこと考えてないな絶対(笑
こういう直接的な表現があったからこそ、昔のゲームは面白かったとも言える。
今は血の量も制限かかってるしツマンネ。


しかしながら、これは子供心にトラウマになりかねない表現だ。



実際にチェーンソーで、
生きたまま切断されるという情景を思い浮かべかねない表現なので、
現代のゲームでこの表現は即アウトだと思われる・・・


子供の頃は「うわーい 敵がしんだぞぉー やったゼー!」だったんだろうけど、
大人になった今、良く見ると非常に危険な表現である・・・



































とりあえず一旦、チェーンソー談義はやめて(苦笑、
本題の塔に入ろう。































【13階】


13階にも、
まじでホントどうでもいい部屋があるんだけど、

これがまた物語と全然関係ない上になんのメリットもない。
むしろデメリットではないかという部屋があるのだ。

なんのためにこれらの部屋を用意しているのかさえ
疑われる・・・ 製作サイドの都合なのか?
それにしても無駄な労力なわけだが・・・。

紹介しないわけにもいかないので一応軽く紹介しておく。







タコばっか。










あめが 1てきも ふらな−い!






のどが かわいた みずをくれ!
















なんとコレだけ。








まぁ一応、この世界、次の14階にも関係しているのだが、
クリアとは全くもって関係なし。
激しくいらねえ・・・。












とりあえず、この世界は無視して次の階へ。



































【14階】


この階にも謎の部屋がある。
レビューするのもめんどくさいのだが、
しょうがないのでする。













わたしおよげないの!
どうしましょう!

しらんがな





みずうみのみずかさが どんどんふえて
もう たいへんです!






みずうみのそこには あなが
あいていたのよ






た たかしくんが やろうって
いったんだよ!






おれが みずうみに ごみを すてた
せいなんだよ− ごめんよ−






はるきく「このそこに ごみがつまって
いるんだな− よし!
























・・・・・・・・・・・・


















【13階】


ここは・・・ 13階?
さっきのタコの楽園?!












あめが ふってきたよ−ん!








































それだけ。


































ホントにそれだけなんだよ!!(怒


































というわけで13階からのぼり直し。
鬱だ・・・orz

















【14階】


14階の世界は水が引いていた。
せっかくなので話を聞いてみる。




してんのうごっこ しようぜ!
おれは げんぶだぞ−






ぼくは せいりゅうさ!






おれが びゃっこだ






わたしは すざくよ






アシュラが してんのうを
おくりこんだのよ






だいまおうのなまえ
それは アシュラだ!




















どうやら四天王の総括がアシュラであることが判明(わか)った。










・・・この情報ごときを聞くのに
あんなどうでもいいイベントをこなしてきたのか!!!







欝だ・・・。












【15階】


























【16階】





ついに16階についた。
なんかメカメカしい雰囲気の階だ。ここでも封印があるのでこれ以上は進めない。

















そして恒例のシルクハットの男がいる。




すざくには どんなこうげきも
つうじません。
にげるのが いちばんです






すざく(朱雀)?

どうやら名前からすると四天王のひとりのようだが、
どんな攻撃も通じないだと?

ハッ笑わせるぜ、今までの四天王はことごとくザコだったのに
急に強くなってたまるかってんだよ。












そして塔の外に出る――――――――――――――

















































――――!?


































―――まさか―――

朱雀―――!!






















ヘッ・・・ まさかフィールドでボスに襲われるとはなーーー!!



いいだろうッ! 今ここで早々と引導をわたしてやるぜ朱雀よ!!












VSすざく











































ドカドカグシャバキボキャモキャプッスーフンガー!!!

























壮絶な死闘の結果・・・。






















ボロ負け惨敗・・・





















つーか勝てるかボケ!!!


こちらの攻撃はほとんど通じない、
耐性を持っているため(○すべて)属性攻撃は効かない・・・。
どうかてっちゅーねん。



そうか・・・ これがシルクハットの男が言ってたことか・・・。

「逃げる」・・・ しかないということなのか!















ムムッ・・・ 逃げるなんて俺のプライドが・・・









































命のほうが大事なのでチキンに逃げまくることにしました!

(プライドはどこへいった!?)














逃げることもまた勇気よ(´ー`)b
(と、いってごまかしてみるテスト)






ん・・・? そういえば何か塔の近くにトンネルがあるなー?

なんだろうかここは・・・?
























微妙なところで続く(笑





玄武の章 第1幕に行く
玄武の章 第2幕に行く
玄武の章 第3幕に行く
玄武の章 第4幕に行く

青龍の章 第1幕に行く
青龍の章 第2幕に行く
青龍の章 第3幕に行く
青龍の章 第4幕に行く

白虎の章 第1幕に行く
白虎の章 第2幕に行く
白虎の章 第3幕に行く
白虎の章 第4幕に行く

朱雀の章 第1幕に行く
朱雀の章 第2幕に行く(執筆中)