HOME > SUB MENU
――――――――――――――――――――――――――
●玄武の章   ●青龍の章   ●白虎の章   ●朱雀の章  ●阿修羅の章  ●神の章



魔界塔士SaGa






阿修羅の章







前回までのあらすじ



ついに16階のボスにして四天王最後のひとりである
「朱雀」を倒した主人公達。
しかし、そこにはゾク達との熱い友情と犠牲があった。

クリスタルは塔の鍵である。
しかし、このクリスタルは数多くの犠牲の上でしか
成り立たないものなのか。

その答えはこの塔を登ることでわかるのだろうか。


主人公達は終わりの見えない塔を今日も登り続ける。











というわけでついに16階も制覇です。
熱い展開も多い中、ようやくここまできました。
塔もあとちょっと!このレビューも頑張って完成させたいですね。











ろき「とびらが ひらくぞ!




















【17階】


とくになにもない。
18階へ通じる階段の途中に「ドア」というアイテムがあるぐらい。

この「ドア」というアイテムは、
「今まで登った階ならどの階にでもワープできる」というスグレモノ。
階限定のアイテムで欲しいものがあればこれを使って買いにいこう。
(ちなみに10階の雲の中の街へはどう頑張っても行けないようだ)

現時点ではここでしかないので、
仕様用途は考えてから使ったほうがいいかも。




















【18階】








この階にもまた、ワケのわからん世界がある。

というかむしろいらない。


…しかし紹介しないワケにもいかないので
一応orz








【会社?】

ああ いそがしい いそがしい




アシュラが かみさまを ふうじこめて
いるという はなしだけど かみさま
なんて ほんとうに いるのかな?




アシュラが あちこち はかいして
くれて わがしゃは おおもうけ!
アシュラさまさま というところさ













…なにやら建築関係の会社のようだが、
阿修羅のおかげで繁盛しているらしい。

ま、ストーリーには一切関係ないから
無理に寄る必要もない部屋なのだが。




















【19階】








ここにも謎の世界がある。



しかしこの世界は…






















こどものしたいだ‥‥
















いきなりエグい表現…。



こどものしたいだ(子供の死体)ってアンタ…。



なにやら今までの塔の雰囲気の中でも
トップクラスの陰湿さを持つ階のようだ。




そしてさらに地下への階段を下りると…




















てちょうがおちている


「‥‥なんとか このシェルタ−に
にげこめた。
かぎられた みずと しょくりょうを
ながもちさせるため わたしは
ほとんど てをつけずに
こどもたちに あたえてきた。

だが もう げんかいだ‥‥
ケン ユキ おまえたちを
おいていく とうさんを
ゆるしておくれ。
アキラ ふたりのことを たのむぞ。
かみよ わたしのいのちとひきかえに
このこたちを おまもりください!
わたし‥は‥‥

































く・・・ 暗ェ!!






















な〜んか妙にシュールな階(世界)だなぁ・・・。







・・・それはそうと、ここはいったい何のシェルターだったのだろうか?

他には何もないようだが・・・
ふと、アイテム欄を見ると・・・





















「かくばくだん」を手に入れていた。














核爆弾?!





デスマシーンが使っていたあの恐怖の爆弾、核爆弾かッ!!
全体に防御無視の400↑のダメージを与えるという最終兵器!!













・・・ということはここは核シェルターなのか??
・・・のクセに核爆弾があるのは非常に謎なのだが、深く考えないことにしよう。



















後味悪いBGMを聞きつつ、この部屋をあとにする。




























【20階】









19階〜20階への階段途中に
「イージスのたて」がある。

盾としては優秀なのだが、(○じしん、○へんか)
使い道が微妙にない・・・。
回数制限(50回)がなければかなり使えるのだが。

ちなみに最強の盾はキングの盾。(○すべて + 回数制限なし)












でもって20階にも謎の世界(部屋)が。







ア−サ−‥‥11かい 19−3−21




くろう‥‥13かい 50−2−18




ハ−ン‥‥19かい 72−6−14




ジ−ク‥‥6かい 24−2−12




リズ‥‥12かい 80−1−28

はるきく「なんだ このきろくは?
いったいだれが‥‥


はるきく「‥‥
てんがろ「こいつらみたいに とちゅう
でやられてたまるか!みてろよ











どうやら何者かが、
「誰が塔の何階までいけたか」という記録を
残しているようだ。





いったい誰が・・・








そんな疑問を抱きつつ、主人公達は上へ上へと登っていくのだった。























20階〜21階への階段途中に
「フレアのしょ」がある。

10階の雲の中の町で購入していない場合、
ここでしか手に入らない貴重品だ。

※実は以前↑のように書いたが、
 雲の中の街へはまた行けるらしいとの情報を頂きました。
 なんと、酒場へ逝くと傭兵達がグライダーを貸してくれるそうです。


これでフレアの書も買い放題か!!
…に、してもこれはかなりのお得情報だなぁ。
情報を提供して頂いた方ありがとう!



…言い訳チックだがこのレビューはレビューであって
攻略ではないので間違いを深くツッコまれると困ってしまいます(笑
いや、ガンガン ツッコんでねw







フレアの書は、魔法系では最強を誇る。
魔力が最高値付近だと350↑のダメージを与えることができる。

魔力がないと意味をなさないので実質
エスパー専用と思ってもいいだろう。

















【21階】








この階にも謎の世界がある。

この世界は、花が咲き乱れる美しい世界だが、
中心部に質素の家がひとつ。

それだけしかない世界だ。



家の中には老人が1人いた。













ろうじん「あなたがたは‥‥
とうから こられたのか?

はるきく「ええ そうです

ろうじん「おおっ!これをうけとって
ください


エクスカリバーをてにいれた

てんがろ「これは?

ろうじん「とうから あらわれるものに
わたせと かみからさずかって
いらい 50ねん。
ついに そのひがきました。
これで やすらかに ねむれる‥‥
ありが‥と‥‥








そういい残して老人は逝ってしまった。

・・・剣1本渡すためだけに50年も待つ・・・
気が狂いそうだ。










「エクスカリバー」は最強武器のひとつだ。
防御無視に加え、グループ攻撃、必中という
かなり優遇された武器である。

・・・のだが、ダメージが安定しない。
力依存ではなく、ダメージがランダムなのだ。
体感70〜260の間のダメージをランダムで叩きだす。
ので、安定感は全くない。







なにか剣を貰うだけの階だった気もするが、
この先にヤバイ敵がいる、という予感を強くさせてくれる。



アシュラ、か・・・。




決戦は近いようだ。

















【22階】







21階〜22階への階段途中に
「ガラスのつるぎ」がある。


この武器、使用できる回数はなんと1回。
まさにガラスのもろさだが、その攻撃力は絶大。

防御無視の必中で350↑のダメージを与えることができる。





決戦用の武器は揃った。


















22階を進んでいくと、中央に 天まで届きそうな柱が・・・ と、そこにひとりの男が立っていた。















またこの男・・・

シルクハットのこの男は いつも的確な助言をくれる。
この男はいったい何者なのだろうか?


すると・・・

このうえに アシュラがすんでいます
きをつけて!

















・・・なんで判ってるのか非常に謎だが、
この塔の終点にいる大ボス、
アシュラがこの上の階にいることは間違いない。

今はそのことだけを考えて上へと進むしかないのだ。










【23階】







ついにここまできた。




はるきく「へっ・・・ いよいよ
けっせんか

てんがろ「ここまで のぼってきたのは
おれたちが はじめてじゃないか?

ろき「そして アシュラもたおして
さらなるでんせつを つくってやろうぜ

あきは「・・・よし いこうぜ!









・・・みたいな会話をしてるような気さえしてくる。
(実際のゲームにはこんな会話はないですw)












シャアアア! いくぜえええ・・・




























えッ?






















落とし穴ーーー!?





































・・・22階まで落とされてしまった。 1階まで落とされなくてよかった。























それにしても・・・

































セコイ!セコイぞ アシュラ!!

















親玉が姑息な手ェ使ってんじゃねえぞ!!






まるで小細工好きで有名な、
キン肉マン・スーパーフェニックスのようだ。

この落とし穴、結構、というか
高確率でひっかかる。
筆者ももう何回目かのプレイだが、それでも忘れている。
だって大ボスの目の前に落とし穴の罠があるなんて
誰も思わないじゃん!

用意周到な諸葛亮孔明じゃあるまいし。
もう23階までこられてるんだから諦めて対決しろよ!











親玉のクセにえらくチキンなアシュラに決戦を挑むべく、
もう一度23階を目指す。
(落とし穴前でセーブしておけば、クイックリセットで速攻でやり直せるけどね)

























2度目(笑



アシュラ「よくここまできたな
どうだ 1つとりひきを しないか?

はるきく「とりひきだと?

アシュラ「してんのうにかわって
おまえたちが それぞれ せかいを
しはいするのだ。いいはなしだろう

てんがろ「それで おれたちは
おまえの こぶんに なるわけか!
じょうだんじゃねえぜ!!

アシュラ「したてにでれば いいきに
なりおって
しね!




ドラクエ1の竜王チックな取引を持ちかけるアシュラ。


しかし短気で喧嘩っ早い主人公達はこれを即座に拒否(笑


















ついに決戦の火蓋は切って落とされた!!









VS アシュラ

アシュラ
HP 2000
こうげき   90
ぼうぎょ   90
すばやさ  90
まりょく   90
のうりょく
6ぽんのうで  5
3つのあたま 10
のろいのめ  10
フレア     3
めつぶし   10
ヒーリング  10
○ダメージ   −
○へんか    −










この時点での主人公達の能力も載せておこう。








阿修羅戦前のステータス

はるきく てんがろ   ろき  あきは 
HP 417 338 342 277
こうげき 45 48 36 41
ぼうぎょ 53 49 52 42
すばやさ 47 29 14 31
まりょく 43 42 60 81


・・・あんまり強くなってない。
10階のときのステと比べてもあまりあがってない。危険だ。

朱雀が弱すぎてあまりステを上げることをしなかったのが原因か。
とくに素早さの低さは致命的で、この時点でのザコ敵に
ほぼ確実に先制されるのでかなり辛い。

だから逃げまくってる = LVが上がらない



・・・アシュラもチキンだが、主人公達もチキン(臆病者)だった!(笑











HPが低いのも結構な痛手・・・。
果たして勝てるのだろうか?






















結果











































ボロ負け。



















・・・出直してきまつ・・・(´д`);












































強い。文句なしに強い。



いやむしろこちらが文句なしに弱い。










というか
アシュラのフレアで ほぼ全滅状態の時点で勝てない。

・・・HPが足らなス・・・。












アシュラのフレアは全員に320ほどのダメージを与えてくるため
ほぼ全滅状態。
加えてフレアを使ってくる確立が結構高いのが問題。


何回か やりなおしたけど
HP2000の壁を崩す前にフレアで全滅することがほとんど・・・


さすがの俺も、LV上げの必要性を感じ
16階で悶々とLV上げをすることにした・・・orz





修行中…
























そんなわけでパワーアップを果たした主人公達。


今度は負けないぜ!


…というかHPを350以上にしただけなんだけどさ。
フレアに全員耐えられれば十二分な勝機が見えるからな。



































というわけで今度はなんとか撃破。
幸いにも属性耐性がなく、普通の魔法も効くので
暇も持て余すキャラがいなかったので
延々攻撃してたのが勝利を呼んだか。
































長き闘いは終了(おわ)った…。












あの扉の先には何があるのだろう。












真実はそこに――――――――――――〜〜〜ッッ!?

























おとしあなだ!




















また落とし穴かよ?!












もうなんかわけわからん。
アシュラ倒したのに落とし穴…

いったいどうなっているのか…






とおくから こえがする‥‥
「もう1ど のぼってこれるか−?
















次回、最終回「神の章」をお送りいたします。






玄武の章 第1幕に行く
玄武の章 第2幕に行く
玄武の章 第3幕に行く
玄武の章 第4幕に行く

青龍の章 第1幕に行く
青龍の章 第2幕に行く
青龍の章 第3幕に行く
青龍の章 第4幕に行く

白虎の章 第1幕に行く
白虎の章 第2幕に行く
白虎の章 第3幕に行く
白虎の章 第4幕に行く

朱雀の章 第1幕に行く
朱雀の章 第2幕に行く
朱雀の章 第3幕に行く
朱雀の章 第4幕に行く

阿修羅の章 に行く

神の章 第1幕に行く
神の章 第2幕に行く