HOME > SUB MENU
――――――――――――――――――――――――――
●玄武の章   ●青龍の章   ●白虎の章   ●朱雀の章  ●阿修羅の章  ●神の章



魔界塔士SaGa






玄武の章 第2幕




さて、冒険がはじまりました。


はるきく、てんがろ、ろき、あきは

の全員エスパーの4人パーティです。






SaGaのエスパーは、特殊能力が4つデフォで入っているため
必然的に装備が4つしかできないことになります。

結構痛い。

ですが、特殊能力さえいいものが揃えば
わりと装備欄が少なくてもどうにかなります。



しかしながら、エスパーの初期能力値がえらく低いため、
最初のザコ敵の「さんしょううお」にも大苦戦です。





・はるきく は ロングソードで さんしょううおを こうげき
 さんしょううおに 7 ダメージ

・てんがろ は バトルハンマーで さんしょううおを こうげき
 さんしょううおに 3 ダメージ

・ろき は バトルハンマーで さんしょううおを こうげき
 さんしょううおに 2 ダメージ

・あきは は レイピアで さんしょううおを こうげき
 さんしょううおに 3 ダメージ










おいおいおい









1ターンで
敵のHPの半分も減らせてないよ!?
(さんしょううおのHPは40)






戦闘の会話があるとしたら こんな感じ


はるきく「オメーら、エスパーだったら
      何か超能力でも使いやがれよッ!!」
てんがろ「そんなもんあるなら
      とっくに使用(つか)ってるわ!!」
ろき  「最初の戦闘で覚えてるワケねーだろうがッ!!」
あきは 「なんで最初からお金一銭も持ってないの!?」

グチだらけ(笑




あきはの言うとおりこのゲームでは初期は 0ケロ
(ケロはお金の単位)
最初に王様から100Gと銅のつるぎを貰えるなんて
甘いシステム
など、このゲームには存在しない。

身体を売ってでも稼げ!! つーぐらいのシビアさだ。
これぞSaGa(性)イズムなり。












まぁそんな感じで冒険始まったはいいが
いきなり お先真っ暗なスタートです。
どうしましょう。





そこは実は心配はあまりいりません。
なぜならエスパーは戦闘を繰り返すことによって能力があがるからです。
ちなみに、人間は「〜〜のもと」を使ってでしか能力を上げられません。

力系の装備で攻撃していれば 力が、
素早さ系の装備で攻撃していれば 素早さが、
魔力系の装備で攻撃していれば 魔力が。

といったふうに成長してくれるのです。
ので、わりと簡単に強くなっていってくれる。
辛いのは序盤あたりだろう。

防御も勝手に上がるのが旨い。
(なんだかんだで ○○系の装備で攻撃していなくても
 全能力がランダムで結構上がる)






しかしこの成長、




まったくアナウンスされないため

どの能力が上がったのか
いちいちステータス画面をみないと判らないというオマケつき。
…まぁ初代だしそれぐらいは許容の範囲だよな?







適当に戦闘を繰り返したところで、
ゴブリンぐらいは楽に葬れるようになったので
そろそろ別の町に行くことにしました。


【英雄の町へ行く頃のLV】
能力値的には、

HP    45 平均
こうげき  9 平均
ぼうぎょ  4 平均
すばやさ 10 平均
まりょく  11 平均

ベーシックタウン(最初の町)あたりの敵は
わりと楽勝です。










次の町へ行く前に
ベーシックタウン(最初の町)の住民のセリフ紹介。



ここから にげだしたい?
ギルドでなかまを あつめろよ




なんとうの ほうがくにも  
まちがあるぜ




ハ−トが なくなると ふっかつ 
できなくなるだ



まちからでると むほう ちたいだぞ



このとうは てんかいへと  
     つうじているんだ





とざされたドアの かぎは げんぶ  
という まものが えいゆうのぞうに
かくしてしまいました





ここの住民のセリフにもありますが、このゲームは
題名どおり、とにかく塔を上るゲームです。

塔1階の扉は、黒い封印が施されており、
クリスタルの力がないと開かないようです。





というわけで封印を解く鍵は 英雄の像にあるらしいとの
ことなので、次の英雄の町へ行きます。










はるきく「ここから逃げ出したい… つっても、
     どーすりゃいいんだよ?」
てんがろ「玄武とかいうのが英雄の像に隠したって
      言ってた気がするぜ?」
ろき  「英雄の町っていうのがあるらしいな
     そこにあるんじゃないスか」
あきは 「論より証拠、まずは行ってみましょーよ!」




みたいな会話してるかもしれん(笑




続く



玄武の章 第1幕に行く
玄武の章 第2幕に行く
玄武の章 第3幕に行く
玄武の章 第4幕に行く

青龍の章 第1幕に行く
青龍の章 第2幕に行く
青龍の章 第3幕に行く
青龍の章 第4幕に行く

白虎の章 第1幕に行く
白虎の章 第2幕に行く
白虎の章 第3幕に行く
白虎の章 第4幕に行く

朱雀の章 第1幕に行く
朱雀の章 第2幕に行く
朱雀の章 第3幕に行く
朱雀の章 第4幕に行く

阿修羅の章 に行く

神の章 第1幕に行く
神の章 第2幕に行く