2014/9/20~21




このページは箱根に旅行に行った時の、いわば旅行記です。
別段特別な旅行記でもないので、ただの日記として見て頂ければと思います。

(2014/9/23 香月)





















それはある一言から始まったンだ―…









「山、 行こうぜ!」



















それは突然、友人U(便宜上、以後はUとする)が 発した言葉だった。





「(´・ω・`)…はい?」





と、放心しているうちに、Uからさらなる提案が…




















「じゃあ来週行こう」





「!?!?!」



















               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
: 何 :    /:|::',: ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´   : : :
: が :   //: /:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\    : : :
: 何 :  /!::|::l:::: /|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄   : : :
: だ :   |/l::|::|::|: ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\.   : : :
: か :   |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄   : : :
:    :   }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、   : : :
: わ :.   |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
   か     / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
   ら      l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
   な     r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
   い   /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
       |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |














現地までの移動手段も、宿泊する宿も決めてないのに
ノリで行こうって言うなんてなんて人だろう…

しかしそんな無謀な計画を聞いているうちに
この計画にのってみたいという欲望が…
































「それじゃ… 行きます…」









こうして箱根への旅は始まったのでした。







●楽屋裏●

※結局、行く5日前(!)にJTBで
電車のチケットと宿泊する場所をまとめて取った。

5日前ということもあり、なかなかめぼしい宿が取れなかったが
値段的にはだいぶ安く収まったと思う。

















■1日目 ~出発の朝~■



前日に人狼やってた
ので、やや精神的な疲労が残りつつ起床。

ただ、準備はできていたので、そのまま新宿へ。


新宿で、
友人Uと、友人N(便宜上以後Nとする)と待ち合わせする予定でした。




全員早め早めで集合したので、
友人UのSuicaがぶっ壊れていたおかげでロスした時間も問題なく
新宿に集合することができました。

都内はSuicaやPASMOがあるから便利ですね。
UはSuicaぶっ壊れてた上に取り換えるのに1日かかるとか言われて憤慨してましたが・・・。




そしてあいかわらずのダンジョンの新宿でした。








喫茶店

※写真はイメージです

・ ・ ・ 時間が余ったので、駅弁買いつつ、構内の喫茶店で時間潰し。

「コーヒー買ってくる」
と言いつつ、 卵プリンを買ってきました。

















■搭乗~出発■



※写真はイメージry

箱根へは、新宿から出るロマンスカー(小田急線の特急列車)で
1時間30分ぐらいで行けるので便利です。


3人で行ったのでボックス席(椅子が回転する席)を取っていきました。
なんか遠足や修学旅行を思い出してワクワクしますね。こういうの。


















そしてやはりここは駅弁を食う!でしょう。
駅弁は「金目鯛の西京焼き弁当」を買ってました。


※写真はry

他にも焼肉弁当とかあったのですが、肉食うと腹壊すので魚で。
小さいのが2切れ入ってて、やや少量でしたが味は良く満足。


























箱根は神奈川県です。静岡じゃあ ありません。

そして神奈川は関東です。








神奈川出身のU
の前で

「なんだよー
 ぜんぜん田舎の景色にならねーじゃんー」


とか言ったら、












「神奈川は都会だよ!
 神奈川ディスってんじゃねーぞ!
 あァ!?」


と怒られました。

どうやら神奈川は都会のようです。


















とかなんとか言ってるうちに
箱根湯本駅に着きました!


※写真ry

箱根湯本駅は、箱根旅行における起点となる場所です。



さすがに箱根の起点となる駅、
施設がでかくて綺麗です。

これなら外国の人が来ても満足できますね。










さて、箱根に着いただけで
当初の目的の山登りを忘れるところでしたが

気を取り直して行きましょう!








電車で朝飯を食ったのが1時間ちょい前ぐらいだったので
正直、腹も減ってなかったのもあり、
喫茶「ルノアール」で計画の確認+軽食をとるために入ることに。






1杯 581円とかいう
ふざけた値段のコーヒー
を飲みつつ、

計画を再確認。












我々の今回の計画はこうだー






とりあえず地図に色々書きました。

簡単に説明すると、

まず、箱根湯本駅から南西にいったところにある

畑宿 という場所を目指します。


ここから鷹巣山に登るルートがあるそうなので
今回はこちらから登ることにしました。


その途中で、飛竜の滝とかいう
いかにもな厨二ネームの滝を見つつ、

鷹巣山山頂を通過、
浅間山山頂を通過、
千条の滝(ちすじのたき)、

そしてゴールの小涌谷駅。




というルートで行こうと思います。



なお、畑宿まではバスがあるそうなのですが、
よくわからん上にタクって(タクシーのって)も人数割りすれば
たいした金額にならないので、確実を取って
タクシーで移動しました。





箱根湯本とは違い、畑宿へ至る道は
THE・山道って感じでしたので、どうやら
箱根湯本駅付近だけが特別栄えてるようです。








というわけで
畑宿へ着きました!


いざ登山開始です!!!






・・・本来、小涌谷のほうから、
こちらの畑宿に抜けてくるルートが正しいようで、
実は我々は正規のルートを逆走する予定という
いきなりセオリーから外れたことしてました。

単に宿の場所の都合上そうなったとも言いますけどね。







ただ・・・




















・・・周りに車がまったく通ってないが
大丈夫なのかここ・・・


これじゃ正規ルートで、ここを終着点にしても
タクシーも通らないしまわりに家もほとんどないし
どうやって帰るんだろう・・・ とか思ったけど













怖くなったので深く考えるのを辞めました。















というわけで改めて登山開始です!!




・・・・・・? 何か忘れているようですが
まぁ気にしないことにします。

周りに何もないし。





いざ!

















■登山開始■



なお、筆者は登山初めてです。
初心者というか、もうそれは山登るの初めてでwktkな状態のピチピチです!

私がピチピチかどうかはさておき、
登山というのはどんなものなのかもわかっていないので
なにもかもが新鮮です。

昔京都へ行ったときに擬似的な山登りはしましたが
(鞍馬行った時とか)
THE・山という登山は初めてなんです。










まずは、畑宿方面から
飛竜の滝を目指します。

もともと、ここを選んだのも
厨二臭いネーミングでかっこよかったから

とかいうアホな理由なのは内緒です。
















歩き始めて少しした所に、看板が見えてきました。

どうやらこの先に、飛竜の滝があるようです!
わくわくしますね!!


なんか微妙に分かれ道になってます
山はこういうところが多いんですかね。
一歩道を間違えたらどこに出るのかわからないのは怖いですよね・・・


あと、途中で、天然の木の杖を手に入れました。
すごくそれっぽい杖だったので、先人が使い終わって捨てていったものだと
思われます。 急勾配で役に立ったので、実際この杖は役にたちました(・´з`・)











し、しかし・・・


















険しいというか、足場が危ねえ・・・!!


山ってみんなこうなのかな?



なんか半歩、足を踏み外したら
谷底へまっさかさま
なんですケド?

ガイドブックに初級とか書いてあったわりには
エゲつないな・・・

山登りも楽じゃないな・・・











途中、なんか東○電力の施設らしきものがありました。


ここって○京電力の敷地内なの?
・・・謎だなぁ。

でも、とりあえず道らしいものはあるので進みます。


















う~ん、それにしても道が危ないなぁ。

人ひとりが通れるギリギリの狭さだぞ・・・
落ちたら死ぬようなところだし・・・
山ってみんなこうなの?










とか思って必死で歩いていると、
突然前が止まりました。










どうしたん?






おや、また○京電力の施設のようです。
箱根の山って東京○力が支配してんの?




「どうした?」


「イヤ・・・・・・ その」




































「道がない」

































「・・・・!?!?」











なん・・・ だと・・・?!


道がない? どういうこと?



俺も覗いてみたら・・・ たしかに
東京電力の施設はあるものの、
その先には道らしいものはない・・・



なんだかすごく嫌な予感が・・・・




「お、おい・・・ まさか・・・」

「あ、ああ・・・」


























「もしかして道 間違った・・・?」


















・・・・・なんと
しょっぱなから道を間違えてコースアウトするという
大失態を演じてしまいしました('A`)







「ここって・・・ 東京電力の人が来る用の道じゃ・・・」

「うん・・・ だよねー・・・」

「なんかおかしいと思ったんだよ・・・
道、危なすぎるしさ・・・」






ここに来るまでに20分前後・・・ ということで
これから戻ることを計算すると・・・

往復で40分以上のロス確定!!

\(^o^)/





山を舐めてたっつーか、人生舐めてました

マジすいませんでした(ヽ'ω`)










山登りで40分のロスは体力的にも時間的にも厳しい・・・
しかし先に進めない以上は戻るしかなく・・・

おとなしく戻る一行でした・・・















結局どこで間違えてたのかというと、
最初に見た看板らしく、
なぜ間違えたのかもわからず・・・

さも当然のようにそっちが山だよ、みたいな道になってるしさ!

罠かよ!!


※たぶん逆走ルートで行ったのも問題だったかも。







・・・で、そこから正規のルートへ入りました。

・・・正規のルートのわりには
なかなか急勾配でしんどい気もしますが、
気をとりなおして登りましょう!!











登り始めてから1時間以上・・・

だいぶ
友人Uが音を上げはじめた(・∀・)

やはり最初のロスが体力的にも精神的にも
響いているのは間違いないか・・・





そしてなかなか見えない飛竜の滝・・・

ガイドブックだとここまで60分とのことだが、
最初のロスもあり、想定以上に時間がかかっていたので
あまりゆっくりもできない状況に・・・(暗くなるとやばいので)








そして頑張って歩いていると、ついに
飛竜の滝の場所を示す看板が!!

あと0.5kmとか書いてはあるんだが、
山の500mは マジで進まない


平地での歩行速度が平均3kmぐらいだから
正直、半分も出せてないはずである

ハッキリいって、この山、道が険しい・・・

ガイドブックに初級って書いてあったけど
筑波山や富士山経験者の友人曰く、初級ではないそうだ。






しかし・・・ それでも頑張って俺達は歩いた・・・

そして・・・・・・!!






















飛竜の滝(´・ω・`)


着きました!!

正直、期待してたほど綺麗ではありませんでしたが、
なによりここまで辿りつけたことが感動です!!




ですが、ここがまだ全ルートの1/3も来てないという
絶望的現実があるので気を抜けません!!











そしてさらに絶望的な現実が・・・
















行く前に、水を買っていかなかったこと


である。


畑宿があまりにも何もないところだったことを差し置いても、
せめて水分は確保しておくべきでした!!


のどが渇いて死にそうです!!





山舐めてました!すいませんでした!!





※なお、山には自販機なんて甘いものはない上に、
水を飲む所すらなかった模様















そんなこんなで、
友人Uがところどころで泣きを言いつつも、





なんとか鷹巣山の頂上につきました!!





「ここが頂上だよ」とか書いてない上に、
ここに来るまでに、すれ違った人の数が4人程度ということを考えると
山の人気のほどはお察しなようです!!











あとは下るだけ・・・ なのですが、下るほうが実は足に負担が大きいので
下りも大変です。


そして、ある程度降りた所で・・・

友人Uの足が悲鳴をあげました。
どうやらつってしまった模様。

これはヤバいか、と思って
救助要請もやむなしかと思いましたが、なんとか動ける模様でひと安心です。





ただ、このまま浅間山まで登るのはややリスクがあると判断し、
ルートを変更して、最短で小涌谷へ抜けるルートで下山することにしました。

一応、鷹巣山の頂上には到達したし目的は達したしいいよね。

















・・・・ということで、なんやかんやありましたが、
無事登山終了です!!


小涌谷駅付近のアパート近くの自販機(なぜそんなところなのかはツッコミなしで・・・)で、
水分をたっぷり補給し、

箱根登山鉄道に乗り、強羅へ行きます。


なお、ごうら、と読みます。








強羅からはケーブルカーを使います。
宿がわりと面倒なところにあるので、結構山のほうへ登らないと行けないのでした。

宿の場所は書くと特定されかねないので
とりあえずケーブルカーの途中の駅ということで・・





宿につく頃には
友人Uはボロボロになってました。
ゆっくり温泉で休め・・・


というわけで1日目終了です!!
お疲れ様でした!!














■2日目 元箱根へ■







おはようございます。

写真は宿から取った箱根の山々です。
2日目は奇跡的に天気に恵まれ、山がめちゃめちゃキレイに見えました。

最高です(^ν^)


何気に宿も結構よかったです。
ネット環境がなかったので若干やることなかったのが辛かったですが、
そもそも疲れてたので、すぐ寝ちゃったので関係なかったのですが。

山登りのダメージは2回温泉に入ったので、だいぶ
緩和された模様・・










というわけで2日目です!!

















2日目は、宿で計画を練った結果、

ロープウェイで芦ノ湖へ行き、
そのまま船に乗り、
元箱根へ行き、
箱根神社で巫女さんを探し、


箱根湯本駅に帰る、
という黄金パターンにしました。


















まずはロープウェイで移動です!


ロープウェイから見えた/^o^\フッジッサーン
雪はなかった。

よく考えたら隣の県じゃないか富士山あるの。
天気も良く、よう見えた。
最高だ。



















ロープウェイの終着点は芦ノ湖の上の端の場所。
ここから海賊船で移動します。






言い間違いじゃないです、海賊船、です。


フェリーとかじゃないです、海賊船です。

しかも移動手段が基本的にこれしかない。



否が応でも、海賊船に乗せてもらわない元箱根には行けないのだ・・・
箱根・・・恐るべし!!

海賊船に乗せてもらうという発想はFF5を思い出しますね。
ファリス萌え。








さて・・・













海賊船に乗るにはどうやら乗船チケットを買わねばならない模様。

1000円か・・・

・・・いや、1500円払うと、特別船室に乗れるらしいぞ?
という情報を見たので、
どうせここまで来たんだから、それで行こう!というハナシになり、
特別チケットを購入!!


これでVIP待遇されるのか・・・ 胸アツ。
















そして海賊船へGO!


写ry



ロワイヤルⅡとかいう名前の海賊船らしく、最近できたみたいで
結構綺麗。

そして特別船室とは・・・!?






こんな感じの船室です!! 綺麗!

なお、一般庶民の部屋は奥のタコ部屋(誇張しすぎ)の模様
VIPは人数制限があるので、基本的に時期にもよるが混んでない模様。最高。


あと、さりげなく、展望デッキが、
一般とVIPで登れる先が違う
ようで

眺めすら違うというこの差別っぷり。



まぁVIPはこれぐらいやってもらわなきゃね。


しかしこれだと、たかが500円ケチるだけで
これが味わえないのなら、絶対に1500円払うべきだと思う。マジで。










こちらが特別船室からしか見えない眺め。
一般庶民は後方のデッキですし詰めでみんな外眺めてました。(これは誇張じゃなくまじで)

VIPは人が少ないので独占状態。 最高



とにかくこの日は天気が非常に良く
どこ見ても、めちゃめちゃキレイでした。

来てよかったお(^ν^)






あと、船内の売店で、なにやらこんな情報を見つけた。



箱根スイーツコレクション2014・・・ らしい。


なんか箱根にある特定のスイーツを食べることで、カードがもらえ、
数によって応募できるものが変わる・・・らしい。



なお2枚で日帰り温泉旅行プレゼント・・・らしい。
日帰りとか無理ゲーすぎる。 逆にいらんわ('A`)

まぁそもそも当たるわけもないが。






でもせっかくなので、この海賊船にも売ってるようなので
スイーツ買ってみました!!



金塊型の・・・   中身はチョコレート菓子

写真は家に帰ってきてから撮ったものですが、3つあるのは
3人分の箱を持って帰ってきたから。別に1人で3つ食ったわけではないです。

やっぱ金塊は3つないとね!!








あとこちらは、海賊船スウィートポテト。


残念ながらスイーツコレクションには入ってないのですが、
これは自分用で買いました。
なぜなら俺が好きだからです。スウィートポテト。

めちゃめちゃうまい。
これはオススメです。1個210円だったかな。











海賊船のVIPルームで、足伸ばすぐらい椅子を占領してても
まったく問題にならない状況でくつろいで、気づいたら元箱根に到着。

所要時間は40分ぐらいなので、優雅な旅を満喫するなら
海賊船は断然、特別船室をオススメする。








ただ、ビビったのが、
この海賊船まで、小田急の路線図に入っていること がビックリだよ。

電車で K06 とか番号あるじゃん、京成線の06番の駅だよ表記みたいなやつ。


まさか海賊船まで小田急の支配下とは・・・
小田急恐るべし・・・














旅の目的の2つ目!

箱根神社です!!

別に巫女さんを探しにきたわけじゃ・・・ ないよ?

小心者の俺は見つけたところで尻込みして
そそくさと退散するのがオチですが。
そんなことはさておき・・・


どうも、縁結びで有名らしく

俺もここは願かけておいたほうがいいかなと思いつつ

やはり小心者なので、世界平和を祈って神社を後にしました。


・・・なにしにきたのか!








元箱根で、ワカサギの唐揚げを食べたり、
ソフトクリームくったり、資料館見たりで
元箱根も堪能。


あとは帰るだけ!!






戻ってきました。(再利用)



帰りまで時間があるので、
ゆっくりお土産でも見ることにしました。






というわけで、俺はお土産に



これを買いました!













最後に時間が余ったので、カフェで時間潰し。


しかしこのカフェには魔物が住んでいたのだった・・・・











どうやらこのカフェにも
例のスイーツコレクションの1つがあるらしい・・・

・・・食えと?





ここまで来たら、応募するだけの枚数は確保するべきか・・・いや・・・

というか、ここまでに昼飯やらスイーツやら、
ソフトクリームやら、

買い食いのオンパレードで
俺のお腹はすでに いっぱいなのである

食えと?
























結局食った。


・・・重すぎる・・・ 。・゚・(ノД`)・゚・。


限定20食とか書いてあったので、
「もう15時すぎだし、どーせもうないだろ」とか
余裕ぶっこいてたら

余裕でありやがった
ので、あとにひけず地獄を見ることに・・・( ;∀;)

いや・・・ おいしかったけどね・・・ 重い・・・




















と・・・・・・・・・・・ いうことで

一泊二日で堪能できる範囲で、
箱根を堪能してきました!!


いや、「山行こうぜ!」発言から
はや数日で来た突発旅行のわりには
楽しめたと思うよ!!

山登りのイレギュラーもネタにはなったし、温泉よかったし
2日目も愉しかったし、満足満足。















































でも今度はもっと計画的に行こうね!!








計画的に戻ります。